Vライン脱毛の特徴と注意点! 2015年8月7日

Vラインの脱毛について

水着などを着る夏になると気になってくるのがVラインのムダ毛です。大人気のVライン脱毛について詳しく説明します。

まず、Vラインというのは、ビキニラインからはみ出た毛の部分のことを指します。Vラインの毛は太くしっかりしています。自己処理でかみそりで剃ったとしても、毛の切り口が肌表面に見えやすく、なかなか難しい部位でもあります。

これが生えてくるとチクチク肌を刺激し、湿しんや赤みの原因にもなります。かといって、毛抜きで抜いてしまうと、肌が弱いためしみや黒ずみの原因にもなります。

除毛クリームなどは、生えてくる先端が細くなるためチクチク感はありません。しかし刺激が強いため、使用を推奨していないものも多くあります。

ではどうすればいいのでしょうか?永久脱毛がオススメです。

Vラインの永久脱毛について

レーザーやフラッシュ脱毛が主な方法です。サロンが用意している下着をつけて必要によっては、ずらしながら技術をしていきます。刺激としては、ゴムを手でぱちんとはじくような刺激があります。

肌がくすんでいたり、シミが多い場合は強く感じることもあるようです。成長した毛は弱まっているためチクチクしませんし、自然と抜け落ちます。

一度脱毛したら意外と気にならなくなります。ですので肌が痛んでいないうちにするのが一番です。

Vラインの注意点

Vラインを行う注意点をあげます。生理中は衛生面を考え行うことはできません。また自己処理で肌が黒くくすんでしまっている場合は、レーザーによる脱毛ができない場合もあります。

(場合によっては、肌のクスミをなくすことを優先してから行います。)

脱毛を行う前後は日焼けをしてはいけません。やけどになる場合があります。

Comments are closed.